AGAの投薬治療について

薄毛で悩んでいる人は、AGA治療に関心があると思いますが、その中の投薬治療について詳しく見ていきましょう。
大半の投薬治療は、内服薬の「プロペシア」、またはジェネリック薬である「フィナステリド」と外用薬の「ミノキシジル」が含まれた発毛剤を併用する形になります。

フッサ育毛剤の口コミ&効果をレポート!最安値で購入可能な通販は?

内服薬のフィナステリドは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、毛周期を早めるジヒドロテストステロンに変わることを防止する働きがあります。
これは「薄毛の進行を止める」ということであり、発毛を促進するということではありません。
そのため、発毛効果のあるミノキシジルが含まれた外用薬などを併用することで、薄毛の進行を防ぎつつ、発毛を促進するというサイクルを作り出すことができます。
費用についてですが、これは薬の価格がダイレクトに影響します。

1ヵ月の薬価の相場は、以下のようになっています。
プロペシアは、8,000~1万円くらい。
フィナステリドは、6,000~9,000円くらい。
ミノキシジルは、6,000~1万円くらい。
薬価はクリニックによっても異なりますし、薬以外の費用も異なります。
薬以外の費用では、診察料・血液検査などがありますが、これらが無料というクリニックも多々あります。