あの頃の美髪を取り戻すヘアケア

若い頃の髪の悩みといえば、とにかく髪のボリュームが多く、おまけにくせ毛なのでなかなかうまくまとめられず、毎朝ため息ばかりだったことです。パーマをかけてみてもかかりにくい髪質のようで、すぐ元通り。その頃ブームになっていたストレートパーマをかけてみてもダメ。

あまりにもヘアスタイルが決まらないので、ある時思い切ってショートカットにしてみたら、切りすぎて「中学生みたい」などと言われ、ショックを受けたことも。きれいなストレートのロングヘアーに憧れを抱きつつ、自分の髪質を嘆いていました。ところが!

50代になったある日、母に「なんか分け目のところ薄なってない?」と言われ、愕然!それから気になりチェックしていましたが、そう言われてみると何だか前髪もぺしゃんとなってさみしい…。今となっては、ボリュームに悩んでいた若かりし頃が懐かしいです。幸い白髪は少ないので、ヘアカラーの頻度は少なくてすんでいるため、髪の傷みは気になりません。

でも、確かに言えるのは、髪のつやとコシが失われてきていることです。髪の太さもだんだん細くなっているようなので、よけいに全体のボリュームが少なくなっているのでしょうか?年齢を重ねると、どうなるのか本当にわからないものですね。

今は髪と頭皮によいシャンプーってどういうものがあるのかなと考え中です。