10代から20代へのお肌の変化

私は学生時代、ニキビ肌に悩みました。
すごくひどいわけではありませんでしたが、常に大小10個程度のニキビができ、
思春期の頃の私はその肌がすごく嫌でしたし、元々肌が白くニキビができるとものすごく目立っていました。

ヴィオテラスCセラム

でかいニキビや肌荒れがひどくなると病院へ通うこともありましたが、
最初だけ意気込んで塗っては、薬の効果で皮膚が剥がれてくるのが嫌で薬を塗らず、、
思い出したようにたまに塗る程度でしたので治るわけありませんでした。

高校を卒業してから、洗顔と保湿が大事だと学び、クリーミーな泡をたて、優しく洗顔をしたり、
お高い基礎化粧品を使用してみましたがあまり改善しませんでした。
今思うと、学生の頃から20代前半まで、皮脂が多かったことと、保湿が足りなかったことで肌荒れがひどかったのだと思います。

それから自分なりに自分の肌に何が合うのか考え、現在はそのやり方があっているようで、現在ではとても綺麗な肌へ改善され、吹き出物もほぼできません。
私が実践した内容は、
*お湯の温度は38?40度
*朝は洗浄力のあるジェルパック
*そのあとはしっかり保湿(化粧水、乳液)
*夜はお風呂で一番初めにクレンジングをして一番最後にしっかり泡を立てて洗顔をする
*お風呂からでたら何よりも先に保湿(化粧導入剤、化粧水、美容液、乳液)
*1日置きにフェイスパックシートでケア

こちらの上記を実践しておりましたらお肌がみるみるうちに綺麗になりました。
現在のやり方でやっていることは皮脂をしっかり落として乾燥しないように保湿をしっかりしてお肌に栄養を与える。ということです。
皮脂をしっかりとらないとべたつき、ニキビができますし、保湿をしないとまた皮脂を出そうとしてニキビができます。
ちゃんと自分のお肌と向き合うことで改善されます。自分に合う方法が必ずある思うのでお肌に悩んでる方は諦めずに向き合ってみてください。