目元のシミには自分で改善できるものがある!改善方法は?

目元にはシミができやすいものです。50代になると、メイクをする際に目元のシミをどうやって目立たなくするかに気を配る女性は、少なくないことでしょう。

透輝美トライアルキット

目元のシミは、「老人性色素斑」「炎症後色素沈着」「肝斑」「ソバカス」がありますが、ソバカス以外は日頃のお手入れで改善を見込めます。ソバカスだけは消すために皮膚科での治療が必要になります。

老人性色素斑も炎症後色素沈着も肝斑も、紫外線によって色が濃くなったり悪化したりします。まずは、紫外線対策をしっかり行うことが大切です。紫外線には「UV-A」「UV-B」の2種類がありますが、メラノサイトを活性化してシミの原因となるのはUV-Bです。日焼け止めには「SPF」の数値が記されています。SPFはUV-Bから肌を守る効果の強さを表しています。数値が大きいほど、UV-Bから肌を守る効果は強くなります。炎天下でレジャーを楽しむ際はSPF40程度、通勤や通学の際はSPF20程度を目安として日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

紫外線はターンオーバーを乱す原因になりますが、ターンオーバーは生活習慣とも大きく関わっています。睡眠時間が短いと、ターンオーバーは乱れやすくなります。最低でも1日6時間は睡眠を取るように心がけましょう。