ニキビ肌を改善する油

あらゆるスキンケア製品を試しているのにどうしてもニキビができてしまって困っているという方の場合には、お肌に塗るオイルだけでなく、口から体に入ってくるオイルに注目することで自然と改善されるケースもよくあります。ニキビができにくい食生活とは、酸化した古い油を摂取しないことが大いに効果を期待できます。油を使いまわさないようにし、長時間放置した油も酸化した油も避けるようにします。

http://www.chikara-11.com/

古い酸化している油を口にすると、体の中で男性ホルモンの分泌量が自然と増えます。男性ホルモンの分泌量が増えることで皮脂の分泌量も増えて角質層が厚みを増し、ニキビができやすくなるのです。さらに、人間の体は古い油を体が有害な物質だと判断し、この有害物質を攻撃するために必要な活性酸素を生成します。この活性酸素は健康な細胞もまとめて攻撃してしまうたね、お肌の細胞までもダメージを受けて炎症を引き起こしがちな肌質につながるのです。

インスタント食品やスナック菓子、ジャンクフードには特にこの避けたい古い油がたっぷりと含まれています。また、市販のドレッシングにも含まれていることから、サラダを食べるときはオリーブオイルやアマニ油といった良質なオイルを使うのが理想的です。