低糖質の食事について正しい方法

低糖質の食事についての食事についてネット上でも様々な意見がありますが、多くの方が勘違いしていることがあります。
それは「糖質を中心に他の栄養素までも控えすぎている」ということです。
ヒトは必要なカロリーの摂取を行うために必要なカロリーを摂取し、気をつけるべきポイントがありますのでそれを4つにまとめてご紹介します。

http://amr-asso.com/

①糖質を控える
まずはもちろん糖質の摂取量を控えることがとても重要になります。
1日の糖質量は50g?120gまでが適正になりますので1日にお茶碗1杯程度のご飯までが適正となります。

②たんぱく質の摂取量を増やす
たんぱく質は筋肉や髪の毛、皮膚を作るために必要な栄養素です。
また、たんぱく質を積極的に摂ることで代謝が高まって痩せやすい体作りが可能となります。

③ビタミン・ミネラルの摂取をしっかりと行う
たんぱく質が体の素となる栄養であれば、ビタミンやミネラルは体の機能を正常に保つ潤滑油のような存在です。
お野菜はもちろんですが、海藻類や豆類といった副菜をかならず1食以上は取り入れるようにしてみましょう。

④食物繊維の摂取を意識して!
ご飯や麺類を控えることで今まで主食から摂取していた繊維質が足りずに便秘になる方が多くいらっしゃいます。
食物繊維は積極的に摂るために葉野菜やブロッコリー、納豆やキノコ類を積極的に摂取してみましょう。

いかがでしょうか?
糖質の制限では単純に糖質を控えるだけでなく、これだけの栄養を摂取する必要があります。
みなさんも今のお食事がバランスよく食べられているのか今一度、チェックしてみてください!