月: 2021年4月

私のストレス解消法~遠くへ行きたい

ストレスがたまると、私は時折、どこか遠くへ行くことにしています。http://www.microrna.jp/

遠くへといっても、ただ行くあてもなくふらふらするのではなく、普段あまり立ち寄らないような場所に、何か目的をもって(おいしい料理店があるとか、古い映画が上映されているとか、単に落ち着く場所があるとか、などなど)、大まかな計画(どういう手段で行くかぐらいのもの)をもって行くことにしています。

普段、平日は自宅との往復で決まったところにしか行かず、休日は家でぐうたらしていることが多い生活を送っており、ストレスがたまったなあと感じると、時折どこか行ったことがない場所に行きたい、でもお金はそんなにかけずに、日帰りで、という気に駆られます。そんなときは、ネットでテキトーに、例えば「おいしい〇〇 地名」とか、「きれいな場所 地名」みたいに検索して、そこまでふらっと朝ちょっと早く起きて、目的だけ果たして、夕方ぐらいに帰ってくるということを、3ヶ月に一回とか、半年に一回、特に長期休暇がある時にしています。

なんで旅行にしないのかと聞かれることも有りますが、当方、旅行に必要な計画を立てるのに必要な労力を費やすことだけでもストレスがたまってしまうため、このような「日帰り旅」みたいなことで、ストレスを解消しております。興味がある方は、ぜひお試し下さい。

低糖質の食事について正しい方法

低糖質の食事についての食事についてネット上でも様々な意見がありますが、多くの方が勘違いしていることがあります。
それは「糖質を中心に他の栄養素までも控えすぎている」ということです。
ヒトは必要なカロリーの摂取を行うために必要なカロリーを摂取し、気をつけるべきポイントがありますのでそれを4つにまとめてご紹介します。

http://amr-asso.com/

①糖質を控える
まずはもちろん糖質の摂取量を控えることがとても重要になります。
1日の糖質量は50g?120gまでが適正になりますので1日にお茶碗1杯程度のご飯までが適正となります。

②たんぱく質の摂取量を増やす
たんぱく質は筋肉や髪の毛、皮膚を作るために必要な栄養素です。
また、たんぱく質を積極的に摂ることで代謝が高まって痩せやすい体作りが可能となります。

③ビタミン・ミネラルの摂取をしっかりと行う
たんぱく質が体の素となる栄養であれば、ビタミンやミネラルは体の機能を正常に保つ潤滑油のような存在です。
お野菜はもちろんですが、海藻類や豆類といった副菜をかならず1食以上は取り入れるようにしてみましょう。

④食物繊維の摂取を意識して!
ご飯や麺類を控えることで今まで主食から摂取していた繊維質が足りずに便秘になる方が多くいらっしゃいます。
食物繊維は積極的に摂るために葉野菜やブロッコリー、納豆やキノコ類を積極的に摂取してみましょう。

いかがでしょうか?
糖質の制限では単純に糖質を控えるだけでなく、これだけの栄養を摂取する必要があります。
みなさんも今のお食事がバランスよく食べられているのか今一度、チェックしてみてください!

未成年にとってのバスト問題

私は18歳女子です。中高女子高に通っていたため、中学3年になったあたりから「バストサイズをお母さんとはかりに行った」「ナイトブラを買った」「可愛いブラを買った」などバストに関する話や悩みを聞く機会が増えてきました。

評判通り?ルルクシェルくつろぎ育乳ブラの悪い口コミや評価などを購入して検証!

私自身は、彼氏がいたわけでもなく、周りに男の子がいなかったのでバストに関して気にしていなかったのですが、周りからバストの話を聞くことが多くなり、焦りを感じ始めました。ですが、バスト関係の話はセンシティブな話だと感じていたため親はもちろん、友達にすら相談することはありませんでした。

高校生になり、バストサイズをはかっていないことやブラを一つも持っていないのはさすがに遅いと感じ、焦燥感をばねに勇気を出して親に相談しました。そして初めてサイズを測り、ブラを購入しました。そこで初めて自分の胸が左右でアンバランスなことに気づき、一つ悩みを解決したと思ったらまた一つ悩みの種を抱きました。

胸の左右のバランスなどは自分ではどうしようもないことだと思っていましたが、ナイトブラという存在を知りました。興味を惹かれましたが、親に相談することができず、大学生になってお金の自由を得られるまで我慢することにしました。

親に何でも相談できる関係である子供がいる一方、センシティブな内容は話しづらいと胸の内に秘めてしまう人もいます。金銭面は親が管理する高校生にとって、バストの問題は悩んでも行動に移すことが難しいのです。

自分は白血病ではないかと疑う毎日です

私は、50歳を過ぎた男性ですが、私にとっての肌の悩みは、アザが目立つことです。ちょっとぶつけただけなのに、肌にあざがついてしまいます。しかも、私はオートバイに乗るのですが、いつもしっかりトニーグリップをしているので、足のヒザの中央あたりにいつも、黒々とした字がついてしまうのです。

ポラッシュ

まあ、男性なのであまり気にはしていないのですが、ちょっといた時に指摘されることがあります。そんな時は、ちょっと恥ずかしいものです。なんと言って言い訳をすればいいのやら。でも、アザがでに安いっていうのは、白血病の兆候なのではないかなんて心配もしています。

しかし、いまのところ、医者に診てもらっても、重大な疾患であるとは言われていないので安心はしていますが、内心は不安でいっぱいです。

だって、あの大ブレイクした世界の中心で愛を叫ぶというドラマでも、あざができやすくなったら白血病だと言っていたのですから。これからは、あまり、肌に刺激を与えないようにおとなしく過ごしてみたいと思っています。それで、何事もないことがわかれば、いつも通りアクティブな生活を送りたいと思っています。しばらくは、慎重に自分の体の様子を見守りたいと思っています。

なかやまきんに君チャンネルを見てほしい!

なかやまきんに君のYouTubeチャンネルはご存知ですか?
そうです、芸人としては「面白くない人」としての扱いを受けているあの芸人さんなのですが、ダイエットに取り組みはじめ、勉強の為に筋トレ動画を見て知りました。

パエンナキュット効果!

彼は面白いし素晴らしい人だと。
見てほしい!とにかく見てほしい!
いや、私は痩せたいだけであって、筋肉はつけたくないんだよ。と、思った人。

すぐに「なかやまきんに君チャンネル」を見て勉強してください!
筋肉は簡単に付きません!むしろ代謝が落ちて痩せにくくなるので筋トレは重要!
もちろん食事制限も重要ですが、栄養バランスの勉強も筋トレの内容も全て勉強できます!

ダイエットをする時にいちばん重要なのは「正しい知識」と「モチベーション」です。
私はその2つを「なかやまきんに君チャンネル」で勉強しました。
そして3ヶ月で10キロ落とし体脂肪率も5%落としました。
やったことは「筋トレ」と「食事制限」です。

筋トレは習慣化をする為に毎日繰り返すこと。
あとは、何かのあとに必ずするとルーティンワークを決めていました。
食事制限は糖質を抑え(なしでは無い)タンパク質を多く取りました。

筋肉が落ちないように筋肉へ栄養を与えるイメージです。
とにかく意識。意識改革で全て変わります。
痩せられないのではなく、意識を変えられない。
それがダイエットを失敗する理由です。

頑張れダイエッター!

ニキビ肌を改善する油

あらゆるスキンケア製品を試しているのにどうしてもニキビができてしまって困っているという方の場合には、お肌に塗るオイルだけでなく、口から体に入ってくるオイルに注目することで自然と改善されるケースもよくあります。ニキビができにくい食生活とは、酸化した古い油を摂取しないことが大いに効果を期待できます。油を使いまわさないようにし、長時間放置した油も酸化した油も避けるようにします。

http://www.chikara-11.com/

古い酸化している油を口にすると、体の中で男性ホルモンの分泌量が自然と増えます。男性ホルモンの分泌量が増えることで皮脂の分泌量も増えて角質層が厚みを増し、ニキビができやすくなるのです。さらに、人間の体は古い油を体が有害な物質だと判断し、この有害物質を攻撃するために必要な活性酸素を生成します。この活性酸素は健康な細胞もまとめて攻撃してしまうたね、お肌の細胞までもダメージを受けて炎症を引き起こしがちな肌質につながるのです。

インスタント食品やスナック菓子、ジャンクフードには特にこの避けたい古い油がたっぷりと含まれています。また、市販のドレッシングにも含まれていることから、サラダを食べるときはオリーブオイルやアマニ油といった良質なオイルを使うのが理想的です。

髪コンディションで気分が変わる

こんにちは。
50歳を過ぎると髪、頭皮のコンディションが気になります。

ボタニカルエアカラーフォームはマツキヨやドンキなどで購入可能?私の口コミをこっそりご報告!

まず、白髪。根元のりタッチは必須です。美容院では追いつかないので、私はホームヘアカラー派です。全体は月に1回程度。根元は2週間に1回ぐらい。それ以上はヘアカラー染めは出来ないので、合間にカラートリートメントをシャンプーの時に使ってます。ヘアカラーを頻繁に使うと、髪の毛がやせてコシがなくなると聞いたので、気を付けないといけないなぁと思いました。

確かに最近使っている毛染めトリートメントのおかげか、コシも出てきて艶もあります。一時はコシがなく、頭皮が見えるくらい頭頂部が貧相でした。ホームヘアカラーは液剤が頭皮に着きやすく、それも気を付けないといけないと聞きました。白髪ケアはなかなか、大変な思いをしています。

髪の艶が加齢でなくなりがちですが、先ほど出てきたカラートリートメントの椿木堂というのを使ってます。少しお値段が高いように思いますが、手軽で何と言っても艶が出てきます。壁などにうっかり着いたら、色が取れないのが少し悩みではありますが、そらくらい色が着くと言うことでしょう。
匂いも気になりだして、まめにシャンプーをしていますが、それが悪いとも聞きます。シャンプーの種類を今模索している所です。それでも今同様、1日最低2回は洗った方がいいかなと思っています。

自分では治せない口臭

口臭の原因は沢山あります。
たばこ、食べ物、虫歯、歯周病、
思春期、歯磨き、口渇、などさまざまです。

http://www.richetta-manager.com/

たばこや食べ物など自分で
解決することができるものもありますが
虫歯や歯周病が原因の口臭はしっかり治療をしないと
よくなりません。

虫歯や歯周病は自分でも気づかない事も多いので
定期的に歯医者に通い健診をうけることが大切です。

虫歯は大きく深くなってくると
臭いがきつくなってきます。
虫歯の治療が済むと口臭もよくなります。

歯周病は歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)に歯周病菌が入り込み増えて歯を支えている骨を溶かしてしまう怖い病気です。
歯周病も進むと口臭がきつくなってきます。
治療をしても溶けた骨は元には戻りません。
ですが治療をすると進行はとまります。
骨が溶けて歯が抜け落ちてしまう前にしっかりと治療をして下さい。
歯周病も治療をすると口臭がよくなっていきます。

虫歯や歯周病が原因かの口臭は
自分では絶対に治せません。
しっかり歯医者に通い治療をして下さい。
虫歯や歯周病がなくても予防として
クリーニングを行うと自分ではとれない汚れを
落としてくれて虫歯や歯周病の予防につながります。

自分でケアしても良くならない口臭は
一度歯医者で相談してみて下さい。

目元のシミには自分で改善できるものがある!改善方法は?

目元にはシミができやすいものです。50代になると、メイクをする際に目元のシミをどうやって目立たなくするかに気を配る女性は、少なくないことでしょう。

透輝美トライアルキット

目元のシミは、「老人性色素斑」「炎症後色素沈着」「肝斑」「ソバカス」がありますが、ソバカス以外は日頃のお手入れで改善を見込めます。ソバカスだけは消すために皮膚科での治療が必要になります。

老人性色素斑も炎症後色素沈着も肝斑も、紫外線によって色が濃くなったり悪化したりします。まずは、紫外線対策をしっかり行うことが大切です。紫外線には「UV-A」「UV-B」の2種類がありますが、メラノサイトを活性化してシミの原因となるのはUV-Bです。日焼け止めには「SPF」の数値が記されています。SPFはUV-Bから肌を守る効果の強さを表しています。数値が大きいほど、UV-Bから肌を守る効果は強くなります。炎天下でレジャーを楽しむ際はSPF40程度、通勤や通学の際はSPF20程度を目安として日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

紫外線はターンオーバーを乱す原因になりますが、ターンオーバーは生活習慣とも大きく関わっています。睡眠時間が短いと、ターンオーバーは乱れやすくなります。最低でも1日6時間は睡眠を取るように心がけましょう。

大人になってもニキビ肌

大人になると、「ニキビ」がいわゆる「吹き出物」と呼ばれるものに変わるが、私の肌には思春期以降、常にニキビがある状態であった。頬が赤くなるほどあるわけではなく、ポツポツと何個かが常にある状態だったので、私としては常にニキビに悩まされていたが、化粧をすると隠れてしまうため、私がニキビに悩まされていたことを知る友人はあまりいない。

http://hit-fc.com/

私にとってはニキビが常に悩みの的であり、化粧をしていない中学生の頃からニキビ用のクレンジング、洗顔、化粧水、保湿を毎日していたので、何もしなくても綺麗な肌の人を何万回羨ましく思ったことだろう…。いつかはなくなる!大人になったら綺麗になる!なんならいま手入れしている分、10年後、手入れしていない人よりも綺麗になれる!といつかの未来に期待してお金も労力もかけてきた。

しかし、その期待も虚しく20代を過ぎてもニキビが治ることはなく、大人になってもニキビ肌に悩まされることとなった。そんなニキビ肌は30代に入ったいま、はじめてニキビに悩まされない日々を送ることができている。なぜだろう?良い病院に出会えたから?良い化粧品に出会えたから?どれでもなく、答えは妊娠、出産だ!妊娠中から私の肌はニキビ一つできることなくツルツルである。

あのお金をかけて購入していた化粧品たちも今では一切使用していない。結局ホルモンバランスが原因立ったのかもしれない。今ではツルツルのお肌も今度はシミに悩まされている。結局のところ、次から次へと悩みは出てくるものである。